インプラント治療 | 栃木県矢板市扇町(矢板駅)

インプラント

自分の歯と同じように噛める幸せと、見た目の美しさを、インプラント治療で実現します。

インプラント治療

インプラントは、歯がなくなった部分の歯槽骨に人工の歯根を埋め込み、それを土台にしてクラウンやブリッジを装着する治療法です。入れ歯とは異なり周囲の歯にかかる負担が少なく、天然歯とほとんど同じように噛むことができます。

インプラント治療の流れ

  1. レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についてご説明します。
    また、インプラントは毎日のケアが重要なため、術前にブラッシング指導を行っています。
  2. 歯の抜けたところへインプラントを植え込み、顎の骨に固定するまで約2か月待ちます。
  3. インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を取りつけます。
  4. 完了後は、アフターケアとして半年に1回は定期健診を受けてください。

インプラントの「メリット」と「デメリット」

インプラントのメリット

インプラントのデメリット

診療時間/[午前]8:45〜12:00 [午後]13:45〜18:00 [休診日]水曜・日曜・祝日 詳細はカレンダーにて

獨協医科大学病院 医療連携協力施設 / 栃木県歯科医師会 障害者相談医

AED完備/車イス常設